Oct 5, 2015

グースとダックの違いとは?

羽毛布団の原料には、「グース(ガチョウ)の羽毛」と「ダック(アヒル)の羽毛」の二種類ありますが、主な違いは「ダウンボールのサイズ」と「臭い」があげられます。

 

◆ダウンボールのサイズの違いとは?

グースとダックでは体の大きさが2倍以上違います。

スクリーンショット 2015-10-05 21.52.31

したがって、採取できる羽毛(ダウンボール)の大きさも2倍以上違ってきます。

左:グースのダウンボール、右:ダックのダウンボール

IMG_1277

 

ダウンボールが大きいことで空気を含み、布団はより軽く暖かくなります。

つまり、グースの方が軽くて暖かいのです。

 

左から、マザーグース、ホワイトグース、マザーダック、ホワイトダック。

スクリーンショット 2015-10-19 10.35.37

 

 

  • 臭いの違いとは?

羽毛は鳥から採取している為、鳥本来の動物性の臭いがありますが、ダックと比較して、グースは臭いが少ないと言われています。

※表参道布団店の来店者様に御体感頂いた統計では、ダックを臭うと答えた御客様は約40%に対し、グースを臭うと答えた御客様はいらっしゃいませんでした。

 

表参道布団店では羽毛を白州の地下水でJIS規格の2倍まで徹底的に洗浄しております。したがって、洗剤の残りカスや不純物の汚れの臭いを感じることはありません。

 

 

つまり、グースはダックと比較して、「軽く」「暖かく」「臭いが無い」ということになるのです。

最新の記事をチェック

関連記事